書き出すことで気持ちはまーるくおさまってた♡

思うままに行動できた頃の自分

私たちが生まれる前、看護師だった母や

助産師をしていた叔母の姿を見て育ったからと言うより

当時、マンガでキャンディ・キャンディが放送されてて

その時、丁度、道徳の時間に看護職の話を聞きました。

すごく関心をもち、地元に学校があることを

願書締め切りの数ヶ月前に知った私は

大人にしてみれば驚きの行動をとったようです。

 

何がそんなに心を動かしたか?

正直なところ、あまり覚えていない(笑)

急に思い立って行動した中3の私。

決まっていた志望校をガラリと変えたもんだから

親も先生も大慌て・・・緊急三者面談なんてこともありました。

 

高校卒業してから進んでもいい話でしたが

その時は資格さえ取得すれば

通常より1年早く憧れの職につけるとワクワクして

自分の気持を押し通した記憶があります。

その分、一生懸命頑張りましたよ〜。

5年後には看護師の資格も取得して、

希望通りの部署・・・外科に配属されました。

夢に向かって、何もかもうまくいってる感じでした。

 

自分の生き方の焦点を当て直した時期

独身時代は家のことも母任せで

色んなこと、自分をひとりじめして楽しんでいましたが

結婚、出産、子育てなどさまざまな人生のステージ毎に

想像していたこととは違った流れになってすごく戸惑いました。

 

とてもうれしい出来事ばかりなんだけど、

それと引き換えに失ったものもどれ程多いことか!

独身時代との落差を味わってへこむだけでなく

自分ばかりが縛られて、どこにもいけない。

誰にも会えない、何もできない

ひとり何役もこなして毎日フル回転。

(どう変わってどんな経験をしたかはまたの機会に話すとして、ホント、大変でした)

 

思い通りにならないことが多くて

自分のことなど二の次、どんどん後回し

3年に一度はダウンしてよく救急車で運ばれてました(笑)

(大きな声では言えないけど、救急車に、仕事以外で5.6回は乗ったかも)

 

そうじゃないと若さだけじゃなく、

仕事や自分自身まで失って

子どもが巣立つ頃には社会との関わりも

想像つかないから

「もう人生がおしまいだぁ〜」と

いわんばかりの状況でした。

 

このときは、目の前のことをちゃっちゃと片づけて

早く自分のやりたいことをしたいがために

必死に動いてたのかもしれません。

 

親になったとはいえ、精神的に未熟な夫婦だから

親としても未熟。

「これじゃいけない!」と体調を崩すと思んだけど

自分に都合の良い、助っ人は居ないし、

どこに相談していいかもわからない。

いくら仲がいいからと言ってもどこまで友だちに話していいか迷うし、

お互いのタイミングが合わず、愚痴る程度で不消化なことが多かったです。

結局、美味しいものを食べるか、マッサージで気分転換して終了。

 

家族に話したくても夫婦して交代勤務で、すれ違ってばかりだったし、

余裕も無いから、小さな欠点を見つけては突っつきあって

思ってることの半分も伝わらなくてイライラしてました。

 

そんな自分も嫌いでへこむこともたくさんあっても

病院に行くほど、悩んでる訳でもないから

なんとなく放置してて、また動けてしまうから

つい、踏ん張ることが増やしてしまうんですね〜。

そしてまたダウンして、同じことの繰り返して・・・

こんな自分の行動パターンが本当に嫌いでした。

(あるある〜、とつぶやきたくなるお母さん方いると想うなぁ〜)

 

自分の気持ちを書いて最大限に表現!

パソコンを使うことが苦手だった私、手っ取り早く自分整理するのに

ぺんがよく滑るつるつるの広告用紙とサインペンを愛用してました。

 

なにかあると私の場合、書き出す習慣があって

この堂々巡りな問題をよく書き出していました。

 

当時の私の行為はバッチリ!と思える記事を

魔法のしつもん仲間で、

webマーケティングコンサルタントの

上田修司さんのブロブで書いてました。

ぜひ、見てみてください。

 

感情的に書いてるからどうでも良いことも書いてて

似たようなことは課題内容ごとにまとめると

数枚にまとまり、最終的には1行になってしまうことも!

ときには励ましの言葉も書いてました。

 

なんだかんだ書き出したメモ!

しかも一回で書き出した過去最高記録の枚数は

A3サイズの用紙で14枚(笑)

 

今振り返ると自分なりに工夫をして「これでよし」と

納得しながら色んなことをいい経験につないでいたなぁ〜と

保管していたメモやノートを改めてみて感じてました。

 

励ましの言葉、どこからみつけたんだろう(笑)

穴があったら入りた〜い感じでした。

自分時間を自由に確保できない子育て時期・・・

(そう思い込んでいただけですが)

書くことで、自分の本質を出し切れてました。

こうして自己カウンセリングをしてバランスをとっていたんですね。

 

自分の人生に向き合ってる私はこんな顔をしてるらしい(笑)

今も昔も、頭の中は・・・

「お母さんを笑顔にしたい!そして周りも笑顔にしたい」

そこにつながること、いろんな視点でこれからも書いていくぞ〜!

(自分に気合を入れてみました(笑))

どうぞ、よろしくおねがいします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA