飾らなくても磨かなくても、そのままの姿でいいがいちばん腑に落ちた

いつも思うけどものつくりをしてるときってココロも開放的になって、温かいメッセージと未来が楽しくなるヒントやアイディアをキャッチしやすくなると思いませんか?ちょっと気になった言葉を掘り下げていったらもっとゆるゆるな自分につながったことがあったので書いてみました。

「自分に○○○な猪俣さんいるね〜」そんな印象があるのか!

「奥の部屋までキラキラ虹がほしい〜♡もう一本ほしいなぁ!」と思っていいタイミングで開催されていた「願いを叶えるサンキャッチャーwithオーラソーマ」に行って来ました。普段、「まじめ」とはよく言われるけど「○○○な猪俣さん居るよね」という私の印象の話をその場で聞く展開になるとは思いませんでした。

気になるボトル1本とその色を取り入れた石を選んで、一人ひとり色と石からのメッセージを受け取る時間が合って、その場で感じたことを伝え合い、ちょっと自分を再確認!

そこから出来上がったサンキャッチャーに込めるアファメーション(宣言・願い)を確認されるとちょっとだけ慌てて一斉に自分の作品とボトルとにらめっこ(笑)しばらくしてまた答え合って、一歩先を楽しむ時間を共有出来たことはとてもワクワクしました。でもちょっとだけ気になったキーワードがあって「なんだぁ〜この反応は?」と感じたこともありました。

上層のメッセージは意識してやってることで「ありのままを受け入れて」「ジャッジしない」でした。ここは普段の活動そのまんま!だから大きくうなずきました。しかし、下層のメッセージは人が喜んでくれる、幸せになることに全力でエネルギーを注ぎ過ぎてしまう自然に出来てしまうからエネルギーをすり減らしてる!というからここには大きな異和感が…。

昔の私なら理解できるんだけど、今の私がエネルギーすり切れるほど無理してるかな?と感覚的にズレがあったんです。無意識レベルだからなんとも言えないんだけどね(笑)。ひとりだったらスルーした話題だったでしょう。

今は、心理カウンセリング+デコパージュ+麻クラフトと自分の好きを組み合わせたスタイルで仕事してるから「猪俣さんのように楽しみながら働きたい」とまで言われるようになって来ました。だから一緒に楽しめる仲間が居たら最高!と思って、ホームページもブログもリニューアルしました。

やる気満々で「さ〜やるぞ!」と思ったら、なかなかピタッとくる言葉がひらめかなくて、深く悩みもあるわけでもないのになんとなくズルズルとブログも書かずにいました。今思うと力み過ぎていたのかもしれませんね。

力が入ってると感じる事が出来たのはこの言葉のおかげかな♡それは「○○○な猪俣さん居るね」でした。○○○に入る言葉は「厳しい」です。この厳しさは相手にではなく自分に対してというから、普段から話す内容で厳しい印象が残る自分がいるんだと受け止めた瞬間でした(笑)

そんな私へのメッセージは「自分を大切に!自分からスタート」でした。

子育て真っ最中の頃は、確かに自分のことは後回しでした。頼るより、自分でやった方が早くことが進むし、自分時間も取りやすかったから何でもひとりで熟してました。その結果、3年に一度は激しい頭痛と吐き気、血圧も下がり家族は大慌てで救急車まで読んで大騒ぎ!散々検査しても異常は無くて医師に「ストレスかな!」と言われ終了。そんな経験をしていたので、今はゆるゆるになってると思っているから自分に厳しいという声は私の感覚とは大きくズレてると感じたのです。

帰宅しても「自分に厳しい」という表現に変なスイッチが入って「今の自分にYESといってあげよう!」「どんな感じ?」と問いかけても力を抜くと言うより逆にからくりにハマってしまった感じでした^^;

毎日をご機嫌に過ごしてる?

うまくスイッチを切り替えられずにいたら、なんと飾り付けた隣のサンキャッチャーが落下。そして1つのクリスタルがこっぱみじんに割れてしまったという事件が起きました。

水晶が割れたとき、「割れちゃったぁ〜どうしよう」とおどおどしたのではなく、どちらかと言うと「あら、割れちゃった」とすんなり受け入れていました。色んな感じ方をしたけど、「あら、割れちゃった」の感覚がいちばんピ〜ンときたのです。私の中では一歩先のことが楽しくなるようにとった言動がたまたま「厳しい」姿に映ったのかもしれませんね。でもここで意識できてなければ相手にも「厳しく」接していたかもしれません。

「そのまんまな自分を許す!つまりそのまんまを愛す」=「飾らなくても磨かなくても、そのままの姿がいちばん」と思ったらスト〜んと腑に落ちました。そのまんまを愛すことに慣れていくことですね!この感覚大事にして行きたいと思います。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA